読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sugtassのブログ

とりあえず思いつくままに。

THE LAST OF US はなぜ面白いのか 〜育まれる絆や愛を自然に感じられる芸術的なゲーム〜

最近ほとんどゲームはしないのだが、前々からずっと気になっていた超名作の THE LAST OF US (略称ラスアス)をついにやってみた。年始に少しばかり時間ができ、普段とは違うリフレッシュをしようとふと思ったわけである。最初にハッキリ言ってしまうが、"最高"だった!普段ゲームしない人にもオススメ!グロは注意。18禁です。 

 

ということで、なぜこんなにもラスアスが面白いのかを考えてみた。

(ネタバレなし)

THE LAST OF US の概要

f:id:sugtass:20170109130156j:plain
さてさて、まずはラスアスの概要から。
謎の寄生菌によるパンデミックの発生で全米の人口は激減し、アメリカ合衆国政府は崩壊した……。それから20年。廃墟と化した都市では、物資をめぐって生存者同士の抗争が絶え間なく続いていた。 過酷な旅を共にする1人の中年男と14歳の少女──  闇市場で武器などを売りさばき生計を立てているジョエルは、とある取り引きをきっかけに14歳の少女エリーと行動を共にすることに。旅を通じて、次第に理解し合い信頼関係を築いていく2人 (amazon 商品の説明)
 
絶望しかない世界で、オッサンと少女が懸命に生き抜いていくゲームである。一見、新しさはなくバイオとかと同じサバイバルゲームじゃね?って思われるかもしれない。しかしながら全然違うのだ。さっそく面白さについて述べようと思う。
 
面白さの要素であり他のゲームとの決定的な違いは、育まれる絆や愛を自然に感じられる」ところである。まさに芸術的なのだ。
 
そのポイントとなっているのが下記の3つ。
  • 文字通り”必死"になれる「リアルな戦闘システム」
  • 一緒に生き延びることを感じられる常に協力するプレイスタイル
  • 父性本能をくすぐる14歳の少女 

 

これらによって、キャラクターとプレイヤーの心情のシンクロが見事に起こり、プレイヤーは、物語を進めているうちに自然と絆や愛を感じ、喜怒哀楽をキャラクターと共に深く楽しむことができる。
 
ここからは、それぞれのポイントがどのような要素から成り立っているかを解説していく。
 

 文字通り”必死"になれる「リアルな戦闘システム」

 f:id:sugtass:20170109130200p:plain
単に音や映像で驚かすのとは違う恐怖感。特に強敵がでてきたりするわけでもない。仕掛けはリアルさにある。
 
まず、敵の攻撃は一撃で死に至ることが、ほぼ当たり前なのである。
そもそも敵は4種類くらいしかおらず、そのうち2種の攻撃は即死です。それ以外の敵も一撃の重みは他のゲーム以上だ。生身の人間に近いライフポイントになっている。さらに、FPS系によくある時間経過でのライフ回復はなく、回復アイテムを使うしかない。これも現実っぽい要素。
 
それから、弾薬や回復アイテムが豊富にはない。
一発一発を大事に使わざるを得ない。時にはナイフや素手、落ちている身の回りのモノを使って戦う。かなりリアルな戦場を作り出している。
 
そして、戦いの臨場感のような恐怖を最も生み出しているのが、回復を含む道具の使用・武器の変更・加工などすべてがストップなしのリアルタイムに行われるというところだ。回復したければ安全なところに身を隠して、素早く行わなければいけない。武器の変更も敵の出現を考慮して、準備しておかなくてはいけない。
 
頭も瞬発力も駆使して、生き延びることに全力になれる臨場感たっぷりの戦闘システムなのだ。
 
(ただし安心してほしいのは難易度はそこまで高くない。死んでしまっても直前からやり直せるし、何度かトライしているといろんな解決策が思いつくので、クリアする分には初心者でも大丈夫。初級モードにすれば即死をなくすこともできる。)
 

 一緒に生き延びることを感じられる「常に協力するプレイスタイル

f:id:sugtass:20170109130157p:plain
二人で協力しなければ先に進めない場面が多々出てくる。
協力はシンプルで、高所に持ち上げたり、重たいシャッターを一緒に開けたり、泳げないエリーを板に載せて水辺を移動したりなどだ。これらの助け合いを臨終感溢れるリアルな戦場で行うのがポイントなのだ。
 
死が目の前に迫っている非常に緊迫した状態で、敵から逃れるために重たいシャッターを一緒に開ける。戦闘中にもうダメだと思ったときに、幼いエリーが必死に助けてくれる。エリーが単独行動しなくてはならないときの緊張感。たとえ何秒であっても襲われないか心配になる。
 
一緒に生き延びるという行動が、愛情を芽生えさせるのだ。
 
また、ストーリーとしても助け合いが大きく組み込まれており(ネタバレのため触れない)、一緒に生き延びるということを感じられる作品になっている。
 

父性本能をくすぐる14歳の少女

f:id:sugtass:20170109130202p:plain
旅を共にする14歳の少女エリーは、常に気を張ってたくましく振舞っている。14歳とは思えないほどの度胸がある。絶望的な局面ばかりなのに「最高」が口癖。呆れているような吐き捨てる口調だが、プラスの言葉を言ってくれることにプレイヤーも救われるだろう。そんなエリーも旅の中で無邪気さが現れる。
 
マンガや雑誌を楽しそうに読んだり、ゲームセンターで壊れているゲームで遊んでみたり、変顔してみたり、ジョエルをからかってみたり、景色に感動したり、いろいろ細かい演出が組み込まれている。そこで改めて、この子はまだ14歳なんだと感じる。この子を守ってあげなくては」「この笑顔がいつも見える未来をつくらなくては」という親心のようなものが湧いてくるのだ。
 
アクションゲームなのに「フォーカスしているのが人の心の動き」というのが、ラスアスは本当に素晴らしい。
 

まとめ

THE LAST OF US では、下記の特徴がある。
  • 文字通り”必死"になれる「リアルな戦闘システム」
  • 一緒に生き延びることを感じられる「常に協力するプレイスタイル」
  • 父性本能をくすぐる14歳の少女
 
守りたいとプレイヤーにも思わせる14歳の少女と、臨場感たっぷりのリアルな戦闘の中で、一緒に必死になって生き延びていく。これによって「絆や愛が自然に育まれていく」作品となっている。本当に芸術的だ。
 
絆や愛が育まれたパートナーとの旅は、どのような最後を迎えるのか。エンディングも素晴らしかった。旅を共にしてきたあなたは、彼らの最後の深い言葉のやりとりに感極まるでしょう。
 
ここまで自然に入り込めるゲームは今までになかった。
グロテスクに少しでも耐性があれば絶対にやっておくべきゲームだ。
映画などとも違う。ゲームでしか、ラスアスでしか味わえない感動がここにある。
 
最後まで読んでいただきありがとう。sugtassでした。

 

The Last of Us Remastered 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

Amazon.co.jp: The Last of Us(ラスト・オブ・アス) PlayStation3 the Best - PS3: ゲーム

 

情報化社会において必要な教養

スマホやパソコンが普及し、誰もがいつでもどこでもインターネットにつながる便利な時代をぼくらは生きている。一方で、その副作用もまた大きく影響しているのも確かなのである。下記の記事がその一例になる。
生物の生理現象にさえ異常を及ぼすほどなのだこのような情報化社会において、ぼくらは生きる術を身につけなくてはいけない。情報化社会における問題はいくつかあるが、今回お話したいテーマは「時間蒸発」について。

情報という激しい波

技術先行であれよあれよと言う間に、スマホやパソコンを持つのが当たり前になった。多くの人は日々大量の情報に呑まれてしまっているように思える。例えるなら、正しい泳ぎ方を知らずして大海原を波に流されるままに泳ぐようなもの。海で泳ぐことは楽しいが、気づけば長時間泳いだ末に、目的地にたどり着くこともなく、目的地があったことさえ忘れて泳ぎ続けてしまう。それほど情報化社会の波は激しい。
 
あなたは24時間のうちどれくらいスマホをしているだろうか。3時間使っていれば、1日の8分の1に相当する。それは、80年生きたとしたら10年分にもなるのだ。その時間を有効活用できていれば良いのだが、単なる時間の浪費になってしまっていた場合、寿命を10年も減らすようなものである。暇つぶしと言っている人がよくいるが、このボリュームはもはや暇つぶしの域を超えている。スマホのために時間をつくっていると言っていい。無意識にその行動が習慣化されていることが多いので注意が必要だ。
 
では、「スマホの使用時間を減らせば良いのか?」と言うとそうでもない。実はこの話は情報格差にもつながってくる。もし同じ3時間をスマホで有効に過ごしたとする。書籍を読んで知識をためたり、ニュースやブログから最新の情報を得たり、あるいはSNSで直接会えない人と有意義なコミュニケーションをしたり。有効に情報技術を使っている人とそうで無い人とには、情報の質と量に雲泥の差が出てくる。
 
だからこそ情報化社会の教養がこれまで以上に必要になってきているのだ。情報系の教養というと、タイピングやWord・Excelのスキルなどがリテラシーとして取り上げられてきたが、それは仕事だけで必要になるスキルである。情報をいかに取得しいかに活用するかというスキルは日々の生活に大きく関わってくるのだ。

まずは「時間蒸発」を認知すること

さて、情報化社会の教養として何がふさわしいだろうか。私の考えとしては「時間蒸発」という概念を持たせることこそが大事だと考えている。twitterでの情報収集活用法や、facebookの利用注意点などを具体的に学ぶそこまで必要はない。なぜならツールは無数にあるし、凄まじいスピードで新しいものが出てきては消えてゆく。何をどんな目的に使うかは、人それぞれで正解はない。ひとつひとつの使い方を知ることよりも、それらから受ける悪影響を軽減することが最も重要だ。
 
「時間蒸発」を知った上でそれぞれが使い方の改善をしていく。これが一番の解決策だと考えている。「情景反射的にゲームを始めて、途中でメールやLINEでメッセージが着てそれを確認。はたまた友達が気になりtwitter & facebookを確認する。」こういったことが、いかに時間を浪費しているかを知ることが大事。
 
こういう主張をすると「お前もブログやtwitterをやってるではないか」といった反感や疑問が出てくると思うが、なにも全くやるなと言っているわけではない。そこまで人生かけて他人のfacebookをチェックしたいのか?という自問自答をしてNOという回答なら、時間を減らしていけば良いという主張である。それがきっとあなたの人生を豊かにするはずなのだから。
 
まずは、1日の中でどのくらいの時間を使ってネットサーフィンやゲームをしているか計測してみてほしい。そしてその時間を使うだけの価値ある情報が得られたのか?コミュニケーションできたのか?リフレッシュできたのか?その時間を使って本当にやりたかったことは無かったのか?を自身に問いかけてみてほしい。

義務教育への導入

実は、ぼくが1番懸念しているのは子供だ。小学生ですでにスマホを持つのが当たり前の時代大人でさえ飲まれる情報の波に子供がうまく泳げるわけもない。そして時間の浪費というのは、若ければ若いほど大きく影響してしまう。ぼくは「時間蒸発」という概念を小学校の義務教育に加えるべきだと考えている。すでに導入を始めている学校もあるようで、筆者もそういった活動に何らかの形で寄与していきたいと思っている。

時間蒸発」の教養本

最後に、「時間蒸発」についての教養本を2冊紹介させて欲しい。
 
◯子供向け教養本
時間泥棒により人々の余分な時間を奪われていくなかで、少女モモがそれを取り返すというファンタジー小説だ。「時間蒸発」の恐ろしさをストーリーで理解できるため、子供から大人までにオススメな一冊。
 
◯大人向け教養本
こちらは意識をいかに「今」に集中できるかというグーグルが開発したメソッドの紹介本。習慣化してしまった「時間蒸発」は、避けようとしてもすぐには難しい。無意識のうちにメールやLINE、SNSといった情報に時間を費やしてしまう。それを回避するための方法について、この本を読むことで身につけることができる。    
 
 
あなたも情報化社会という大海原にいるからこそ、わたしのブログに出会ってくれたのだと思う。情報という波に溺れないようにお互い気をつけよう。
そして、このブログがあなたにとって「時間蒸発」で無かったことを祈る。
 
読んでくれてありがとう。sugtassでした。

「大人の恋愛」〜浮気は稚拙〜

僕はいま恋をしている。それも家庭を持っている人と。つまり相手は人妻だ。これでは筆者の浮気ストーリーかと呆れられてしまうかもしれないが、もう少し読み進めて欲しい。「大人の恋愛=浮気」という価値観は間違っており、大人の恋愛はもっと上品なものだという主張をさせていただきたい。
 

筆者の「大人の恋愛」実談

コトの始まりは新卒入社直後の飲み会にまでさかのぼる。僕の隣にたまたま座った1年先輩の女性がとても綺麗な人で、話をしていてすごく落ちつく人だった。ただ彼女には彼氏がいるみたいだったし、彼女は大阪勤務で僕は東京勤務だったのもあって、特にアプローチはしなかった。
 
それから何年かの月日が経つ。勤務地も部署も全く異なるため、あの飲み会以来会うことは一切なかった。ところがある日、彼女が異動になって僕の部署に来たのだ!しかも上司から依頼で僕は彼女の教育係になることに!!僕が後輩ではあるものの、この部署では僕の方が仕事を知っているからということらしい。なんという強運だろうかと、この急展開にテンションが上がったことをいまでも覚えている。
 
そこからというもの、彼女に仕事を教えるために週一で二人きりのミーティングをしたり、同じプロジェクトを担当することにもなったので、いつも二人で遅くまで残業したりしていた。そうなると一緒に帰ることも多くなり、ついにはその流れで頻繁に二人で飲みに行く仲になっていった。完全に僕は恋愛モードになってしまっていた。毎日の残業がこんなに幸せだったことはない。「あぁこれが社内恋愛か」と一つ貴重な経験をした気分にもなっていた。
 
こうなってしまったらアプローチする以外に選択肢はなく、彼氏がいるとわかっていたもののヒアリングを開始した。結論をいってしまうと、彼女は彼氏と順調に続いており結婚間近だった。それに相手は社内らしい。彼氏の存在は予想できていたことではあったが、ショックはやはり大きかった…。だがこれまでとは違い気持ちは収まらなかった。そこから長い間、好きという感情を持ちながら毎日会社で顔を合わせては、彼女には相手がいるという現実を突きつけられる辛い日々が続いた。
 
ある日にいつものように二人で飲みに行った。そこで彼女は言った。「結婚なんてたくさんのあきらめだよ。」「恋愛ができなくなるのは寂しいよ。」それを聞いて僕は考え込んでしまった。これは僕にチャンスがあるのだろうかと。よくよく聞けば結婚はやめるほどイヤではなさそうだった。ただ彼氏にはもう恋愛感情はないと寂しげにつぶやいていた。そのとき僕は心に決めた。彼女と恋愛をして彼女の心を満たそうと。
 
二人の関係が今までと変わるわけではない。もちろん奪い取ろうなんて微塵も思っていない。ただただ自分が彼女と楽しめるのがお互いに幸せだと思ったのだ。二人で食事にも行くし遊びにも行く。LINEも頻繁にするしケンカもする。カップルみたいな錯覚を覚えることもある。ただし決してスキンシップはしない。手もつながない。好きなどのffも伝えることはない。僕らは恋人でもなんでもないのだから。ただお互いに恋をしているだけ。それでいいのだ、それが幸せなのだ。少なくとも僕と彼女にとって幸せの形なのだ。
 
彼女が結婚した今でも同じように食事に行ったり、LINEをしている。もちろん旦那様には隠していないし、彼女の幸せな家庭に影響が出るようならすぐにこの親友のような関係も辞めるつもりだ。幸い彼女は僕との関係で気分転換ができて、より夫婦関係も良くなっているみたいだ。
 

「大人の恋愛」〜浮気は稚拙〜

前置きがかなり長くなってしまったが、僕が言いたいのはこれが「大人の恋愛」なのではないかということ。みんな年を重ねれば伴侶をもち家庭を築く。一方で、恋心は失われることない人間の宝物である。その宝物に盲目になり一線を越えてしまうのはあまりにも稚拙だと思うのだ。メディアや身の周りの噂には浮気という話題はつきない。それゆえに「大人の恋愛=浮気」というなんとも残念な印象が生まれている気がする。実は、表には決して出てこない心に秘められた大人の恋愛も数多く存在するのではないか。それが本物の「大人の恋愛」なのではないだろうか。
 
あなたはどうだろうか。
  • 「大人の恋愛」をしているだろうか。
  • それとも「稚拙な浮気」をしているだろうか。
  • あるいは、もう恋はしていないかもしれない。
 
人それぞれの価値観がある。人生長くはないのだから、自分が幸せだと感じられる恋をすれば良い。ただし一つだけは言わせていただきたい。「大人の恋愛」は最高の安らぎと至福を与えてくれるぞ!

なぜドラマ「逃恥」が面白いのか

毎週火曜日10時からTBSでやっているドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」がとても面白いため、なぜこんなにも面白いのか完全主観で考えてみた。※ネタバレ注意
ドラマのストーリーなどについては、公式サイトを参考にしてください。

アウトライン

アウトラインはこちら。

  • 準現実性
  • 理想の相手、理想のシチュエーション
  • 箸休め

これらの3つによって、僕は逃恥の虜にされてしまっているのだ。

準現実性 〜親近感のある平匡と新しいライフスタイル〜

まずは、登場人物の「津崎平匡」が一つの面白い要素だと考えられる。
彼は誠実であり、論理的であり、仕事が好きなタイプで、結婚願望があるわけでもなく、生活のサポートしてくれる人は時々欲しいかもと思っている人物である。実は、自分が平匡に似ている気がするのだ。ここまでプロの独身ではないものの、タイプとしては同じため、とても【親近感】が湧く。つまり、平匡と自分を照らし合わせて見ることができ、よりドラマの中に入った視点で楽しむことができるのだ。

次に、ストーリーのメインである「契約結婚」である。
僕は結婚願望があるものの、自分の空間や自分の時間を大事にしたい割合が他人よりも多いみたいで、従来の結婚というものにどうしても適さない気がして悩んでいた。
別居婚週末婚という考え方も最近出てきて、自分勝手な結婚観とは感じつつもこういった結婚スタイルに希望を抱いていた。そんな中に「契約結婚」という新しいソリューションをドラマが提案してくれたのだ。こういった新しいライフスタイルは、いくら字面を見ても結局はマイナスなイメージが膨らんでしまっていた。ところが、今回はドラマとして映像でその生活の雰囲気を知ることができるのだ。

自分の求めている【新しいライフスタイル】かもしれないという希望や期待を感じられるというのが、このドラマの魅力の一つである気がしている。

理想の相手、理想のシチュエーション

これは述べるまでもないと思うが、ガッキーの外見的魅力と「森山みくり」の内面的魅力がパーフェクトだということだ。真面目で、気づかいができて、料理ができて、突拍子もない積極性があって、結婚観も似ていて、考え抜くタイプで…と、まさに僕の理想というわけである。

そして、そんな理想の相手との共同生活…。これが逃げ恥を一番面白くしている要素だと考えている。ただの共同生活ではないところがポイントだ。テラスハウスみたいに共同生活中に一般的な恋愛の攻防戦が行われるわけではないのだ。逃恥ではみくりも平匡も筋金入りの誠実さ(奥手?)を持ち合わせている。二人だけでそっとしておくままではいくら時間が経過したって、なーんの恋のせめぎ合いは起きない。そこに起爆剤として、ゆりちゃん(みくり実姉)や風見(平匡同僚)、沼田(平匡同僚)が登場することで、お互いが自ら望んでいないのに、ハグや新婚旅行といった恋人イベントを強いられてしまう。夫婦なら当たり前の恋人行為が試練として降りかかる。この困難を一緒に乗り越えていかなければならない。

外的要因によりしかたなく、自分の【理想の相手】と恋人ごっこをしなくてはならないという【理想のシチュエーション】が、このドラマの癖になるところである。

箸休め

ストーリーに直接関係ないものの、ドラマをすごく盛り上げているものがあるのでそれを最後に述べる。

なんといってもパロディーが面白い。NHK番組のプロフェッショナル、金八先生、東進の林先生、JR東海のCMとたくさん出てくる。こんなに使って大丈夫?他社番組でOKなの?といった心配をしてしまうくらいだ笑

それからガッキーのコスプレだ。
男女問わず、ガッキーのコスプレにはみんな釘付けなのではないだろうか。コスプレを前面に出すわけでなく、あくまでストーリーの中に必要なものとして組み込まれているところも好印象な点で、それによりドラマのバランスがすごくよくなっている。さて次週はなんのコスプレするんだろう…あなたもそう考えているはず笑

このように、パロディーやコスプレといったサブコンテンツを自然に(突発的に)組み込んでくるところも大きな魅力であり、それをひとつの楽しみに逃恥を見ていることは間違いない。

まとめ

まとめると、

  1. 当事者になった気持ちで、新しいライフスタイル「契約結婚」に希望や期待を感じることができる。
  2. その「契約結婚」を理想の相手・理想のシチュエーションで楽しめる。
  3. ところどころにパロディーやコスプレといった楽しみが散りばめており、1時間全く飽きない。

これら3要素により「逃げるは恥だが役に立つ」はとても面白いドラマになっている。

冒頭でも述べたが、今回は完全に主観に絞った考察をしている。女性視点なら全く共感できないと思うし、男性でも別の楽しみ方をしていらっしゃる方も多いと思う。次回もしかすると、「なぜ逃げ恥はヒットしているのか」について客観的に分析して考察を書くかもしれない。

ではこれからも逃恥を楽しみましょう。